赤坂ときめき工房は、お着物や和装の装飾品の販売だけでなく、着付け教室・ヘアメイク教室も運営しております。




赤坂ときめき工房は、お着物や和装の装飾品だけでなく、着付け教室・ヘアメイク教室も運営しております。和装のトータルコーディネイトのセンスを磨く場としてもご活用ください。
また、古くなった着物のリメイク【甦りきもの】を提唱し、思い出のお品物をリーズナブルに再生させて頂きます。

店舗のご案内
甦りきもの(リメイク着物)

赤坂ときめき工房のTOP > 甦りきもの(リメイク着物)

ときめき工房が何より得意としているのは、そのままでは活用しにくくなったきもの・羽織・帯などを、再び愛用していただけるような形に再生させることです。

こだわり細帯、片身替わり、交互替わり、きりばめ(パッチワーク)、袖口や裾への足し布などによって、古いきものや気飽きたきものも、新しい魅力を持って甦ります。大切なお着物を永く使っていただきたい…。ときめき工房は、その思いでお打ち合わせから完成まで、お客様がご納得・ご満足頂けるリメイクを心掛けております。このページでは、当店が手がけたリメイクのいくつかをご覧下さい。

> こだわり細帯
> 名古屋帯
> 片身替わりのきもの
> 肩裾模様のきもの
> 長羽織
> 両面コート






赤坂ときめき工房で特におすすめしているのは、通常の半幅帯より長めに、幅も少し広く仕立てたメこだわり細帯です。浴衣のためのものではなく、パーティや町着など華やかな場所へ締めていくための細帯です。お太鼓と違って帯枕を使わないため胸を締め付けることもなく、どんな年代の方でも、きもの初心者の方でも、楽しんでいただけます。


変わり角出しや、ゆらゆら揺れる都結び、振袖にも合う二本使いなど、変化に富んだアレンジができ、国内・海外への旅行にもうってつけです。



黒地にカラフルなピエロ柄の長襦袢地。きものの中に隠しておくにはもったいない! 名古屋帯と、おそろいのバッグも作ったら、さりげないきものをぐっと楽しくしてくれる一揃いとなりました。

帯幅の半分が絞り、半分は無地ですが、剥ぎ合わせているのではありません。しぼりの羽織の衿を解くと、内側に折り込まれた部分は絞っていない無地の布です。それをそのまま生かし、無地部分に刺繍をあしらいました。

こちらは、男物の羽裏を再生した名古屋帯です。おそろいのバッグには、袴地を組み合わせました。男物の生地を使うとシックでありながら大胆、粋な風情が生まれます。


男物と女物、2枚の泥大島から、片身替わりのきものが誕生。片身替わりのきものを作るときには、色調と生地質の合ったきものを組み合わせるのがポイントです。



ちょっとおもしろいデザインのきものだと思いませんか? 中央の明るい色柄を、肩・袖・裾に配した濃いグリーンの無地で引き締め、改まった雰囲気と遊び心をバランス良く調和させました。このきもの、もとは2枚の羽織だったのですよ。

このような柄物の羽織と無地の羽織の2枚が、衣装整理の折にたまたま隣合わせに並びました。それが、上のきものを発想するスタート地点となりました。



アンティークの振袖を長羽織に甦らせました。元の振袖(写真右)を前にお客様とじっくり柄合わせのご相談をした上で、お仕立てしました。



朗らかな黄八のコートが、裏を返せばシックな村山藍大島のコートに早替わり。一着で、まったく違う雰囲気の二通りの着方を楽しめる両面コートです。軽く丈夫な紬を使っているので、きもので旅行をするときなども、とても重宝です。
下は、コートの残りぎれで作った男帯です。